公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

  • サイトマップ

平成29年度 認知機能低下予防コース

目的  認知症の機序を理解するとともに、認知機能低下を遅延させる運動プログラムの組み立て方、対象者への指導法を身に着け、あわせて、介護・福祉分野で活動していくノウハウを学ぶことを目的とする。
主 催 公益財団法人 健康・体力づくり事業財団
受講対象者 健康運動指導士、健康運動実践指導者、保健師、管理栄養士等
内 容(敬称略) 講義 「認知症に関する基礎知識」
    鈴木隆雄・桜美林大学老年学総合研究所長/大学院教授

講義・実習 「運動と脳フィットネス」
    征矢英昭・筑波大学大学院体育系教授

実習 「運動と脳フィットネス(実習)」
    兵頭和樹・(公財)明治安田厚生事業団体力医学研究所研究員

講義 「地域で元気に住み続けるために~地域包括ケアシステムにおける運動指導者の役割~」
    釜萢敏・(公社)日本医師会常任理事(東京)
    羽鳥裕・(公社)日本医師会常任理事(福岡)

実習 「高齢者を運動できる身体に整えるケアコンディショニング」
    有吉与志恵・(一社)日本コンディショニング協会長 / 健康運動指導士(東京)
    本田紀子・(一社)日本コンディショニング協会 認定講師(福岡)

講義 「認知機能低下予防プログラムの評価方法」
    島田裕之・国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 老年学・社会科学研究センター予防老年学研究部長

実習 「認知機能低下を予防する運動プログラム作成のポイント」
    島田裕之、牧迫飛雄馬・鹿児島大学 医学部保健学科理学療法学専攻教授

実習 「認知機能低下を予防する運動プログラムの実践」
    牧迫飛雄馬 他

会場と期日
お申込み方法

 1.お申し込み後、受講証の記載に従って受講料をお振り込みください。
 2.お振り込みをもって申込完了となります。


※ キャンセルの方は、必ず事務局までお電話ください。(キャンセル待ちの方に連絡いたします)

<東京会場>
平成29年12月9日(土)・10日(日)
大東京ビル会議室(港区東新橋2-6-10 6階) ※6階になりますのでご注意ください
  • JR・東京メトロ銀座線「新橋」駅烏森方面出口 徒歩10分
  • 都営浅草線「新橋」駅2番出口 徒歩8分
  • 都営大江戸線「汐留」駅8番出口 徒歩6分
  • ゆりかもめ「汐留」駅8番出口 徒歩6分
<福岡会場>
平成30年1月20日(土)・21日(日)
福岡県中小企業振興センター(博多区吉塚本町9-15)
  • JR 吉塚駅 徒歩1分
  • 地下鉄 馬出九大病院前駅 徒歩10分
定 員 各会場60名(先着順)
受講料 2万5千円(消費税込)
2万6千円(消費税込)バランスボール代金を含む場合

※1 「脳フィットネス」の実習では直径26cm程度のバランスボールを使用しますので、ご持参ください。
   お持ちでない方はバランスボール代金を含む受講料をお振込みください。当日会場でお渡しします。
※2 全日程を受講された方には、修了証をお渡しします。
個人情報の
取り扱いについて
研修会申込書に記載された個人情報は、(公財)健康・体力づくり事業財団内で厳重に管理いたします。
なお、その個人情報は本研修会の運営事務にのみ使用します。
問い合わせ先 (公財)健康・体力づくり事業財団 事業部
〒105-0021 東京都港区東新橋2-6-10 大東京ビル7階
TEL:03-6430-9114

スケジュール

1日目

9:10 9:25 9:30~11:20 11:30~12:40 13:30~14:30 14:40~15:40 15:50~17:50
受付 開講式 基礎知識 脳フィットネス 昼食 脳フィットネス(実習) 地域包括 ケアコンディショニング

2日目

9:00~11:00 11:10~12:40 13:30~15:30 15:30
プログラムの評価方法 プログラム作成 昼食 運動プログラムの実践 修了式
健康運動指導士および健康運動実践指導者の登録更新に必要な履修単位として講義6単位、実習6.5単位が認められます。
※全日程を受講された方には、修了証をお渡しします。