公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

  • サイトマップ

血圧

肥満解消作戦


肥満は血圧にどう影響するか

肥満によりなぜ高血圧になるのか、そのメカニズムはよくわかっていませんが、肥満になると高血圧が多くなります。肥満の解消は血圧低下、血清総コレステロール値や中性脂肪の低下、善玉HDLコレステロールを増やすため糖尿病の予防になるなど、メリットがいっぱいあります。

あなたの場合、減量すると、 どれぐらいの血圧が低下できるか予測してみましょう。

あなたの体重が標準値になったとき、最大血圧がどれぐらい下がっているかを予測します。これを参考に、標準値に近づくよう月に0.5 ~1kgのペースで根気よく減量しましょう。


減量するための、食べ方のコツ

食べたくなる刺激を減らしましょう。
●自分の食べる分は盛りきってしまう。
●テレビや新聞を見ながらの、ながら食いをしない。
●お菓子は家に持ち込まない。
●食べ物は目につくところから隠してしまう。
●なるべく手のかかる食べ物を選ぶ。(バターピーナッツよりは殻つきを)
●食事がすんだら、すぐにテーブルを片づける。
●決まった場所で決まった食器を使って食べる。
●残った食べ物はさっさと冷蔵庫にしまう。
●リストにしたがって買い物をする。
●満腹なときに買い物に行く。
●財布の中に予算分だけのお金を入れておく。
●食事がすんだら、すぐに歯を磨く。

食べたくなる刺激を減らしましょう。
●柔らかい食べ物よりは、固い食べ物を選ぶ。
●かむ回数を数える。(例えば一口20回)
●箸やフォークを1回ごとに下に置く。
●左手を使って食事をする。
●目の前に鏡を置く。
●エビやカニは殻つきで、魚は骨つきで食卓に。

食べたい衝動を抑えましょう。
●とにかく3分間がまんする。
●自分の好きな何かをする。
●食べてよいものをいくつか用意する。(焼きのり、コブ、野菜スティック)
●空腹を強くしすぎないように、計画的にしっかりと食べる。
●本当の空腹か、ただの感情的な食欲かを区別する。

食べ物の勧めを上手に断りましょう。
●ていねいにお礼を言って、はっきりと断る。
●ダイエット中であることを相手に言う。
●どうしても断れない場合は少しだけ食べて、残りはもらって帰る。
●あらかじめ断りの文言をいくつか練習しておく。