公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

  • サイトマップ

睡眠

日中の眠気の評価法

 過眠症の診断にあたっては、客観的な日中の眠気の評価が重要です。しかし、これは簡単ではありません。人間は強い眠気に抵抗して意志の力で覚醒を維持することができる反面、その必要がなければ容易に入眠してしまうからです。
 日常生活でかなり多くの人々が日中の眠気を感じているはずですが、眠気があるからといって必ずしも仕事ができないとか、自動車の運転ができないわけではありません。また、つまらない講義の最中や、特にすることのない時に居眠りをしてしまった経験は多くの人が持っているのではないでしょうか。あなたはいま……。

表5 スタンフォード眠気尺度日本語版
現在のあなたの眠気について、最も近いものを一つ選び番号に丸をつけて下さい(SSS)

1.やる気があり、活発で、頭がさえていて、眠くない感じ

2.最高とはいえないまでも、頭の働きが活発、集中していられる

3.くつろいで起きている、しかしどちらかというとすこし頭がぼんやりし反応が悪い

4.すこしぼんやりしていて、何かしたいと思わない

5.ぼんやりしている、集中していられない、起きているのが困難

6.眠いので横になりたい、ぼおっとしている

7.まどろんでいる、起きていられない、すぐにねむってしまいそうだ