公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

  • サイトマップ

健康づくり・介護予防を始めよう

地域の介護予防サービスについて

1.地域の介護予防サービス

できるだけ要介護状態にならずに自立した生活が送れるよう、地域では、さまざまな健康づくり事業のほか、介護を「予防」するためのサービスが各種提供されています(名称:「介護予防・地域支え合い事業」)。以下では、その主なものを紹介します。ただし、お住まいの市町村によって、受けられるサービスの内容や、受講対象者の範囲が異なることもありますので、市町村にお尋ねください。
今後はさらに、地域の一人ひとりが「介護予防」を具体的に実践できるよう、介護予防サービスが拡充されます。特に、「運動器の機能向上(筋力向上、転倒予防等)」「栄養改善」「口腔機能の向上」については、予防の効果が明確なことから、各市町村で幅広く実施される見込みです。

運動指導
健診結果等に応じて、生活習慣病予防のための運動指導を行っています。

高齢者の筋力向上
運動機能の低下を防止するため、高齢者向けのトレーニング機器を用いた教室を開催しています。
転倒骨折の予防
転倒骨折予防教室(生活相談、健康診断、生活指導、運動機能訓練等)を行ったり、生活環境・習慣の改善を指導しています。
日常生活関連動作の訓練
炊事、洗濯などの家事訓練の教室を開催しています。


足指・爪のケア
足指・爪のケアの適切なケアの方法等に関する教室を開催しています。

認知症(痴呆)の予防等
音楽活動、絵画、書道、演劇等の活動性を高めるための教室や、認知症(痴呆)介護教室を開催しています。
食生活の改善
高齢者の食生活改善のために、教室を開催したり、食生活改善推進員が訪問・指導したりしています。

「食」の自立支援
在宅の高齢者が自立した生活を送ることができるよう、「配食サービス」等の利用が適当かどうか利用調整し、必要に応じて配食サービスを提供しています。