公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

  • サイトマップ

健康づくり・介護予防を始めよう

増える要介護者

6カ月以上継続して介護が必要な人を「要介護者」といいます。また要介護ではないけれども、6カ月以上継続して日常生活の営みに支障がある人(例えば、身じたくや掃除、洗濯、買い物など身の回りのことができない等)を「要支援者」といいます。
2004年4月に介護保険制度がスタートしてから、要介護者・要支援者の数は増え続けています。特に延びの大きいのは要支援者と要介護1(要介護者の中で介護の必要度が最も低い)の人で、2000年4月から2004年4月までの4年間で倍以上に増えています。
高齢者ができるだけ要介護・要支援の状態にならないようにするためにも、また、既に要介護・要支援となった人の状態の改善・悪化防止のためにも、筋力向上トレーニング等の「介護予防」が重要です。そこで平成17年度以降は、介護保険制度を見直し、各市町村で介護予防サービスを幅広く実施することとされています。


出展:介護保険事業状況報告