公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

  • サイトマップ

健康づくり・介護予防を始めよう

女性と骨粗鬆(しょう)症について

閉経後の女性は、女性ホルモンの低下により、骨の密度が低くなります。そのため、骨粗鬆症の症状が表れやすく、「転倒・骨折」による寝たきりの頻度も男性の2倍以上も多くなっています。
骨を丈夫にし、骨粗鬆症を防ぐためには、骨に対して力学的ストレス(負荷)をかけることが重要です。筋肉は骨に付着して、骨と骨をつないでいますので、筋肉を大きくすることで、骨に与える力学的ストレスを大きくすることができます。
筋力向上トレーニングを行うと、筋肉を増やすことにより「転倒」を予防できるとともに、骨密度を上げることで、骨粗鬆症を防ぎ、「骨折」を予防することができます。従って、特に女性に筋力トレーニングが必要だといえます。