公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

  • サイトマップ

糖尿病を防ごう

ストレスをためていませんか?

 糖尿病は、特別な人だけがなる病気だと思っていませんか。
 実はそうではなく、ありふれた生活習慣が糖尿病のきっかけになるのです。
 たとえば「ストレス」。会社員にとって売上げ目標達成に対する上司からのプレッシャーは、景気のよいときでも相当大きなものです。ましてや最近のように景気が低迷していると、ますますプレッシャーは大きくなる一方です。また証券会社や銀行がどんどん倒産している昨今では、リストラの不安も大きいでしょう。
 同じように、個人経営の方々にとっても、主婦の財布の紐がきつくなって、日々の売上が気になっているのではないでしょうか。
 実は、こうしたストレスが血糖値を上げるのです。
 しかも、ストレスをためこんでしまうと多くの場合、憂さを晴らすために居酒屋で「食べて」「飲んで」話題は「上司の悪口」ばかり。これでストレスの一部は開放されますが、今度は食べ過ぎと夜遅い夕食などの食習慣が問題になります。こうした食生活の乱れも血糖値を上げることにつながります。
 糖尿病はこのように現代のありふれた生活習慣がきっかけとなる、まさに代表的な生活習慣病なのです。