公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

  • サイトマップ

糖尿病を防ごう

妊娠糖尿病

 女性の一生の中には、妊娠という大きな事業があります。
 実は、この妊娠も糖尿病を考える上で、ないがしろすることはできません。
 なぜなら、妊娠自体が女性の血糖値を上げやすくするからです。妊娠して初めて糖尿病が見つかる、そんな例も少なくありません。
 実際、糖尿病の発症に気づかず、高血糖状態で妊娠を継続すると、母体にも胎児にも大きな影響を与えます。血糖値が少しでも高いと、たとえば胎内の赤ちゃんの発育に悪い影響を与えてしまいます。
 ですから「わたしは糖尿病とは関係ないわ」と考えずに、妊娠する前に必ず一度血糖値をチェックしてもらうことが肝心です。その結果、もし少しでも血糖値が高いと診断されたら、そのままにせずに糖尿病専門医に詳しく検査をしてもらいましょう。