ADL(日常生活活動テスト)
 

1.準備

 「ADL(日常生活活動テスト)」質問紙を準備する。

2.方法

 質問紙に回答させる。

3.記録

(1)各設問につき、選択肢の中から当てはまるものを1つ選び、選択肢番号に○をつけるとともに、選択肢の番号を右の□の中に記入する。
(2)各設問とも、1に回答の場合は1点、2は2点、3は3点として合計し、総合得点を下の□の中に記入する。また、ADLによるテスト項目実施のスクリーニングに関する判定基準を参照し、テスト実施の可否についての判定を下の□の中に記入する。

ADL(日常生活活動テスト)

*各問について、該当するものを1つ選び、その番号を□の中に、該当するものが無い場合は×を記入してください。

問1 休まないで、どれくらい歩けますか。
   1. 5〜10分程度  2. 20〜40分程度  3. 1時間以上
問2 休まないで、どれくらい走れますか。
   1. 走れない  2. 3〜5分程度  3. 10分以上
問3 どれくらいの幅の溝だったら、とび越えられますか。
   1. できない  2. 30cm程度  3. 50cm程度
問4 階段をどのようにして昇りますか。
   1. 手すりや壁につかまらないと昇れない。
   2. ゆっくりなら、手すりや壁につかまらずに昇れる
   3. サッサと楽に、手すりや壁につかまらずに昇れる
問5 正座の姿勢からどのようにして、立ち上がれますか
   1. できない
   2. 手を床についてなら立ち上がれる
   3. 手を使わずに立ち上がれる
問6 目を開けて片足で、何秒くらい立っていられますか。
   1. できない  2. 10〜20秒程度  3. 30秒以上
問7 バスや電車に乗ったとき、立っていられますか。
   1. 立っていられない
   2. 吊革や手すりにつかまれば立っていられる
   3. 発車や停車の時以外は何もつかまらずに立っていられる
問8 立ったままで、ズボンやスカートがはけますか。
   1. 座らないとできない
   2. 何かにつかまれば立ったままできる
   3. 何もつかまらないで立ったままできる
問9 シャツの前ボタンを、掛けたり外したりできますか。
   1. 両手でゆっくりとならできる
   2. 両手で素早くできる
   3. 片手でもできる
問10 布団の上げ下ろしができますか。
   1. できない
   2. 毛布や軽い布団ならできる
   3. 重い布団でも楽にできる
問11 どれくらいの重さの荷物なら、10m運べますか。
   1. できない  2. 5kg程度  3. 10kg程度
問12 仰向けに寝た姿勢から、手を使わないで、上体だけを起こせますか。
   1. できない  2. 1〜2回程度  3. 3〜4回以上
総合得点 
判定 

ADLによるテスト項目実施のスクリーニングに関する判定基準

【スクリーニング項目】

内容 回答状況及び判定
問1 休まないで、どれくらい歩けますか。
(1)5〜10分程度
(2)20〜40分程度
(3)1時間以上
問5 正座の姿勢からどのようにして、立ち上がれますか。
(1)できない
(2)手を床についてなら立ち上がれる
(3)手を使わずに立ち上がれる
問6 目を開けて片足で、何秒くらい立っていられますか。
(1)できない
(2)10秒〜20秒
(3)30秒以上
問1、5及び6において(1)に回答した場合
→→ 6分間歩行10m障害物歩行及び開眼片足立ちテストは実施不可能
その他のテスト項目の実施についても慎重な検討をようする。



問1、5及び6において(1)以外に回答し、問3、4のいずれかにおいて(1)に回答した場合
→→ 6分間歩行及び10m障害物歩行テストの実施について慎重な検討を要する。
特に、6分間歩行テストの実施
問3 どれくらいの幅だったら、とび越えられますか。
(1)できない
(2)30cm程度
(3)50cm程度
問4 階段をどのようにして昇りますか。
(1)手すりや壁につかまらないと昇れない
(2)ゆっくりなら、手すりや壁につかまらずに昇れる
(3)サッサと楽に、手すりや壁につかまらずに昇れる
問10 布団の上げ下ろしができますか。
(1)できない
(2)毛布や軽い布団ならできる
(3)重い布団でも楽にできる
問12 仰向けに寝た姿勢から、手を使わないで、上体だけを起こせますか。
(1)できない
(2)1〜2回程度
(3)3〜4回以上
問10及び12において(1)に回答した場合
→→ 上体起こしテストは実施不可能
問2 休まないで、どれくらい走れますか。
(1)走れない
(2)3〜5分程度
(3)10分以上
問11 どれくらいの重さの荷物なら、10m運べますか。
(1)できない
(2)5kg程度
(3)10kg程度
問2及び11において(3)と回答した場合
→→ 特別な障害がない限り全てのテスト項目について実施可能
【総合得点によるテスト実施のスクリーニング】*全設問に回答(無回答なし)の場合に利用
各設問とも(1)に回答の場合は1点、(2)は2点、(3)は3点として合計し、総合得点とする。

総合得点

回答状況
判定
判定に関する条件
12点以下
全ての設問において(1)に回答
×
6分間歩行、上体起こし、開眼片足立ち及び10m障害物歩行テストは実施不可能
24点未満
設問によっては回答(2)あるいは、回答(3)も含まれる。
6分間歩行、上体起こし及び10m障害物歩行テストの実施について慎重な検討を要する。特に、問1、5及び6の回答に注意する。被測定者の上体により、それ以外のテスト項目の実施についても慎重な検討を要する。
24点以上
ほぼ全ての設問において回答(2)以上に回答する。
設問によっては回答(1)あるいは、回答(3)も含まれる

特別な障害がない限り全てのテスト項目について実施可能
ただし、問1、3、4、5、6において回答(1)が含まれる場合、実施可能テスト項目について慎重な検討を要する。

※新体力テスト −有意義な活用のために−(2001年3月発行) 文部省



閉じる