もどる

21世紀のたばこ対策検討会(第1回)

1-1 たばこと健康問題の現況

たばこによる健康被害は使用開始から数十年の遅れで発生するため、今世紀半ば以来、たばこが原因とされる死亡の世界的な増加が推計されている。

●我が国の成人喫煙率は、近年若い世代の喫煙率の上昇が顕著であり(特に女性)(図1)1.2 、学童生徒の喫煙率も学年が上がる毎に増加し、数年間で各学年とも著しく増えている(図2)3 。 

●世界的には、先進国のたばこ消費量が減少する一方で、途上国の消費量が増加しているが(図3)4 、我が国の成人男性喫煙率は先進国の中では著しく高く、国民1人あたり消費量も先進国の中では最も多く(表1)、世界でも第4位の多さである 5

[日本専売公社・日本たばこ産業株式会社「日本人成人喫煙者率調査」1965-97,厚生省「国民栄養調査]1986-95、「保健福祉動向調査」1997] [簑輪眞澄ら「青少年の禁煙実態に関する全国調査]1992、「防煙の実態に関する研究」1997]