もどる

法的措置     イタリア

(1)広告

  • イタリアでは、1962年4月の法律よりたばこ広告は禁止。
  • 1983年まではこの法の罰則規定が軽かったため、同年に罰金がそれまでの20,000(10.24ECU)〜200,000リラ(102.39ECU)から、500万(2,560ECU)〜5,000万リラ(25,598ECU)に引上げ。
  • イタリア郵政省は、1991年11月の法令(Decree N゜425)で、テレビでのたばこ製品の直接広告及ぴ間接広告の両者を禁止。

(2)公共の場所

  • 公共の場所や公共輸送機関での喫煙は、1975年11月の法律(Law N゜584)により、以下の場所では規制されている。病棟、学校の教室、公共の集会のための閉鎖した建物、劇場、映画館、ダンスホール、賭ショップ、講堂、博物館、図書館、美術館、画廊。
  • 喫煙区域以外での喫煙違反者に対しては、1,000〜10,000リラ(0.5〜5.1ECU)の罰金。また、遵守を怠った建物の所有者には、2,000〜20,000リラ(10.24〜51.20ECU)の罰金。
  • 現在の法律の強化と受動喫煙に関する情報提供キャンペーンを広く実施することを盛り込んだ改正を検討中。

(3)ラベリング

  • ラベリングに関するEC指令89/622を実行。
  • 規則により包装の表面の一般的警告に加え、裏面に2つの特別な警告表示を義務づけている。