もどる

たばこ産業

 1949(昭和24)年に設立された専売公社は、「たばこ事業法」により、1985(昭和60)年に民営化され「日本たばこ産業株式会社」となりました。大蔵省は100%保有していた株式のうち、1994(平成6)年に3分の1を売却しましたが、尚3分の2を保有しています。たばこ事業法により、国内でたばこを生産できるのは日本たばこ産業株式会社だけですが、外国たばこのライセンス生産もあり、現在国内に流通している紙巻たばこは、輸入たばこも含め、約20社280銘柄となっています。