もどる

たばこ税

 たばこ税は「たばこ税法」及び「地方税法」で定められ、2003(平成15)年と2006(平成18)年に引き上げられ、2006(平成18)年7月1日現在、1箱300円商品の場合、国たばこ税71.04円(23.7%)、たばこ特別税16.40円(5.5%)、地方たばこ税87.44円(29.1%)(うち都道府県21.48円、市町村65.96円)です。

 2003(平成15)年度のたばこ税額は、合計2兆2,759億円(国たばこ税9,032億円、たばこ特別税2,411億円、都道府県たばこ税2,778億円、市町村たばこ税8,538億円)です。

 2006年度のたばこ税額は、合計2兆2,875億円(国たばこ税9,272億円、たばこ特別税2,176億円、都道府県たばこ税2,807億円、市町村たばこ税8,620億円)です。

 2007年度のたばこ税収は、たばこの売上の減少傾向が続いていることで、06年度より170億円減少する見込みです。

(総務省)