もどる

父母の喫煙のしかた

「子どもに煙を吸わせないようにしている」父母は6割
 父母の喫煙の状況をみてみると、母は「吸っている」割合が第1回調査の14.8%から第5回調査の17.5%へ増加しているが、父は60.5%から53.5%へ減少している。(表1)
 父母の喫煙の状況の組み合わせをみると、父母のいずれかが吸っている割合は55.6%となっている。組み合わせ別に喫煙のしかたをみると、「子どもに煙を吸わせないようにしている」割合は、父母ともに6割以上と高く、「子どもが見ているところでは吸わないようにしている」割合は、父より母の方が高くなっている。(図1・図2)

表1[父母の喫煙状況の変化]

 

 

吸っていない

吸っている

不詳

第1回調査

39.0

60.5

0.5
84.7 14.8 0.4

第5回調査

45.3

53.5

1.2
81.2 17.5 1.3
 
注:第1回調査と第5回調査時に、「母の喫煙状況」については母と同居していた者(母総数39,498)、「父の喫煙状況」に
  ついては父と同居していた者(父総数37,310)を集計。
 
 図1[父母の喫煙の状況の組み合わせ]
 
注:父母ともに同居している、第5回調査の回答を得た者(総数37,356)を集計
                   図2[父母の喫煙のしかた]
注:1)父母ともに同居している、第5回調査の回答を得た者(総数37,356)を集計。
  2)数値は、各父母の喫煙の状況の組み合わせ別の者数をそれぞれ100として算出した割合。
  3)「子どもが見ているところでは吸わないようにしている」「子どもに煙を吸わせないようにしている」
    は複数回答である。

「厚生労働省『第5回21世紀出生児縦断調査結果の概況』 2005」より