もどる

禁煙指導

 喫煙者の多くは禁煙を希望していますが、心理的薬理的依存性のために、禁煙に成功していません。効果的な禁煙方法とは、禁煙の動機づけし、その実行に踏み切らせ、禁煙を維持するものですが、単一の方法ですべて有効なものはなく、いくつかの方法と要因の組合わせが禁煙の成功をもたらすと考えられています。

 禁煙指導には個人的な方法と集団的な方法があります。個人的な方法としては、医療機関で医師が患者に禁煙指導する方法が重視されています。「スモークバスターズ」などそのための教材も開発されており、最近ではニコチン代替療法(ニコチンガム)も承認され、医師の処方の下に使用できるようになりました。

 集団的な方法としては、「たばこを5日でやめる講習会」のような行動科学的な方法に基づくプログラムがあり、保健所などの公衆衛生の現場で類似した方法で禁煙指導を行うことも試みられています。


段階別禁煙の進め方へ