もどる

主流煙と副流煙

 たばこの煙は、喫煙時にたばこ自体やフィルターを通過して口腔内に達する「主流煙」と、これが吐き出された「呼出煙」、及び点火部から立ち昇る「副流煙」に分けられます。いずれもエアロゾル(液滴)の形状をなす「粒子相」と気体からなる「気相」に分けられます。各種有害物質の発生は主流煙より副流煙の方が多く、主流煙は酸性ですが、副流煙はアルカリ性で、目や鼻の粘膜を刺激します。

紙巻たばこ煙有害物質の主流煙と副流煙中の含有量
 

主流煙(MS)

副流煙(SS)

SS/MS比

●発がん物質(ng/本)
ベンゾ(a)ピレン

20-40

68-136

3.4

ジメチルニトロソアミン

5.7-43

680-823

19-129

メチルエチルニトロソアミン

0.4-5.9

9.4-30

5ー25

ジエチルニトロソアミン

1.3-3.8

8.2-73

2-56

N-ニトロソノルニコチン

100-550

500-2750

5

4-(N-メチル-N-ニトロソアミノ)-1-(3-ピリジル)-1-ブタノン

80-220

800-2200

10

ニトロソピロリジン

5.1-22

204-387

9-76

キノリン

1700

18000

11

メチルキノリン類

700

8000

11

ヒドラジン

32

96

3

2-ナフチルアミン

1.7

67

39

4-アミノビフェニール

4.6

140

30

O-トルイジン

160

3000

19

●その他の有害物質(mg/本)
タール(総称として)

10.2

34.5

3.4

ニコチン

0.46

1.27

2.8

アンモニア

0.16

7.4

46

一酸化炭素

31.4

148

4.7

二酸化炭素

63.5

79.5

1.3

窒素酸化物

0.014

0.051

3.6

フェノール類

0.228

0.603

2.6