もどる

環境中たばこ煙(ETS, Envoronmental Tobacco Smoke)

 室内において喫煙者の吐き出す呼出煙とたばこの点火部から立ち上る副流煙が混じり合った総称で、室内空気汚染物質の主たるものです。国際がん研究機構(IARC)や米国環境保護局(EPA)は、ETSをヒト発がん物質に分類しています。環境中たばこ煙が非喫煙者の肺がんの原因になることは、1981(昭和56)年に疫学的に初めて証明されましたが、EPAはそれ以降の多くの疫学研究を体系的に評価して、「受動喫煙の呼吸器系への影響:肺がんとその他の疾患」という報告書を発表しました。

  さらに現在では、受動喫煙は肺がんの原因となることはIARCはじめ米国公衆衛生総監報告など各国の代表的な報告書において確認されています。この背景として、煙の中に発癌性物質が含まれていること、そして、非喫煙者が受動喫煙に曝露することで、(特にたばこに特異的な)発癌性物質が尿中に検出されること、などがあります。
  それにとどまらず、受動喫煙は循環器疾患の原因となることが確認され、さらに近年、受動喫煙曝露と急性心筋梗塞等の急性の循環器疾患との関連も認められています。
  そのほか、妊娠・出産に関係し、低出生体重のほか、乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因となることが明らかとなっています。


  以上のとおり、喫煙者が自ら吸う喫煙でなく意図せず吸わされてしまう受動喫煙にしても、循環器への急性の影響を含め健康影響については「趣味・嗜好」や「マナー」などと看過できるものではないといえるでしょう。

※受動喫煙の健康影響に関する米国公衆衛生総監報告のサマリーや癌、心血管系(循環器)、呼吸器への影響についての日本語訳が国立がんセンターのサイトにアップされています。
http://www.ncc.go.jp/jp/who/sg/index.html
※2010年3月アクセス