もどる

胎児・乳幼児・小児への影響

 妊婦の喫煙により、流産、早産、死産、低体重児、先天異常、新生児死亡のリスクが高まることが明らかになっています。また、出生後も、家庭内、特に母親の喫煙で、肺炎、幼児の喘息様気管支炎、学童の咳・痰などの呼吸器症状などが増加します。

(「喫煙と健康-喫煙と健康問題に関する報告書」EPA)

喫煙により引き起こされる、喫煙が原因となる妊娠・出産に関連した状態として、生殖能低下、妊娠合併症、胎児死亡、死産、低出生体重、があげられます。このほか、子宮外妊娠、自然流産、口蓋裂の原因となる可能性があります。
  妊娠中は、煙が直接胎児にふれるわけではありませんが、胎児は胎盤を通じて母体に繋がっています。つまり胎児は、胎盤と「へその緒」を通じてのみ外の世界に通じている、胎盤が胎児の「肺」のようなものだ、といえるでしょう。また、喫煙は大小さまざまな血管を障害することからも、微細な血管の構造物である胎盤などが母体の喫煙によって障害を受け、引いてはその先にいる胎児に影響を強く及ぼすことも理解できますね。

  また、受動喫煙についても、出生体重低下や乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因となるだけでなく、その後小児期においても、親の喫煙により受動喫煙を受けることで、肺炎などの呼吸器疾患(特に母親の喫煙で影響大)、中耳炎、咳など呼吸器症状、肺機能の抑制の原因となります。そのほか、早産や小児期のがん、喘息の原因となる可能性があります。
(米国公衆衛生総監報告)

  さらに近年、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など子どもの発達と受動喫煙との関連を示す報告も出てきています。今後さらなる研究が待たれるだけでなく、喫煙など意識して防ぐことのできる要素は積極的になくしていくことができるよう、知識をもって意識や行動を広く変えていくことが重要です。

  以上のとおり、喫煙者が自ら吸う喫煙にしても、意図せず吸わされてしまう受動喫煙にしても、特に妊娠・出産や子どもの発達などへの影響については、到底「趣味・嗜好」や「マナー」などと看過できるものではないといえることが十分理解できます。


※受動喫煙の健康影響に関する米国公衆衛生総監報告のサマリーや癌、心血管系(循環器)、呼吸器への影響についての日本語訳が国立がんセンターのサイトにアップされています。
http://www.ncc.go.jp/jp/who/sg/index.html
※2010年3月アクセス