公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

  • サイトマップ

平成27年度 災害時運動支援指導者養成コース
避難所・仮設住宅で行う運動支援のスキルを学ぶ
~エコノミークラス症候群予防・生活不活発病予防のための運動支援~

<予定>

目   的 エコノミークラス症候群など、災害時に起こりうる健康被害に関する基礎知識を学ぶとともに、避難所・仮設住宅において運動支援を行う際の環境整備、言葉のかけ方、現場での運動方法といった具体的技術を、一人ひとりで活動できるまで高め、かつ在住エリアでの行政とのネットワークを作る力を身につけることを目的とする。
主   催 公益財団法人 健康・体力づくり事業財団
対   象 健康運動指導士、健康運動実践指導者、NSCAジャパン認定指導者
都道府県・市区町村職員、健康運動指導士会県支部職員
内   容 講義「専門ボランティアとしての心構え」小島光洋・宮城県成人病予防協会学術・研究開発室長
実録「東日本大震災で行った運動支援」藤野恵美・健康運動指導士
講義「災害現場で臨むこと・求めるもの」藤山明美・元神戸市保健師
ロールプレイ「被災者の心を傷つけないコミュニケーションのとり方」
                        石井千恵・精神保健福祉士・臨床心理士・健康運動指導士
講義・ワークショップ「被災地の運動支援~エコノミークラス症候群の基礎知識~」
                                            篠田邦彦・新潟大学教授
オプション実習「救急法」日本赤十字社
※検定合格者には日本赤十字社救急法基礎講習修了書授与。
オプションですが、すでに赤十字基礎講習以上を修了している者以外は必須。

※資格登録更新のための単位 講義3 実習10(オプション5単位含) ただし全課程修了者のみ。
会場・期日
お申し込み方法

 1.お申し込み後、受講証の記載に従って受講料をお振り込みください。
 2.お振り込みをもって申込完了となります。

※ 全課程を受講いただきます。
※ キャンセルの方は、必ず事務局までお電話ください。(キャンセル待ちの方に連絡いたします)



<名古屋会場>
 11月21日(土) ・22日(日)
 ダイテックサカエ(名古屋市中区錦3丁目22-20)
  •  地下鉄「栄駅」8番出口より徒歩5分
  • 名古屋会場 終了いたしました。
    <東京会場>
    平成28年2月18日(木)・19日(金)
    TKP市谷カンファレンスセンター(新宿区市谷八幡町8)
    • JR「市ヶ谷駅」徒歩2分
    • 東京会場 受付終了いたしました。
定   員 40名(先着順)
受 講 料 2万5千円 オプション実習4千円(消費税・教材代込)
個人情報の
取り扱いについて
研修会申込書に記載された個人情報は、(公財)健康・体力づくり事業財団内で厳重に管理いたします。
なお、個人情報は本研修会の運営事務にのみ使用します。
問い合わせ先 公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 事業部 TEL:03-6430-9114

スケジュール

(一部講義内容が前後します)
1日目
9:30 9:50~10:50 11:00~12:00 12:20~13:20 13:40~14:40 14:50~16:50
受 付 専門ボランティアとしての心構え 東日本大震災で行った運動支援 意見交換会
(昼食)
災害現場で臨むこと
・求めるもの
被災者の心を傷つけないコミュニケーションのとり方
2日目
9:00~12:00 13:00~18:00
エコノミークラス症候群 昼食 救急法