公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

  • サイトマップ

更新必修講座

対 象

健康運動指導士で、かつ、更新必修講座未受講の方

講義内容

令和5年4月~令和5年6月 ※eラーニングは令和5年7月14日配信分まで

講義(1) 健康日本21(第二次)を中心とする国の施策の現況及び健康運動指導士の役割 90分
講義(2) 健康寿命延伸のためのサルコペニア・フレイル対策 120分
講義(3) 健康運動指導士に必要な疾患別ガイドラインの知識(NCD) 90分

令和5年7月~令和6年3月

講義(1) 国の健康づくり施策と身体活動・運動推進について 100分
講義(2) 運動と免疫 100分
講義(3) 運動指導における社会的つながりの重要性 100分

※ 開催会場により講師及び開催時間に変更の場合がございますのでご留意ください。

2023年度 更新必修講座一覧

令和6年5月31日までに有効期限を迎える健康運動指導士を対象としてeラーニングによる更新必修講座を実施いたします。


※講習会形式共催型・・・公益財団法人健康・体力づくり事業財団とNPO法人日本健康運動指導士会が共催で行うもので、実施主体は日本健康運動指導士会支部

現在調整中の会場等につきましては、詳細決まり次第随時更新いたします。

会場・申込受付開始日は変更になることがございます。

申込方法等詳細につきましては日本健康運動指導士会にお問い合わせください。

実施型 ブロック 開催地
(支部)
開催日 会場 定員
講習会 関東・甲信越 令和5年6月14日(水) 国立オリンピック記念
青少年総合センター

※6月14日東京会場のみ、2022年度の更新必修講座と同じ内容で開催いたします。
130名
東海・北陸 令和5年7月1日(土) 名古屋サンスカイルーム 180名
関東・甲信越 令和5年7月2日(日) Gメッセ群馬 80名
四国 令和5年7月30日(日) 高知県立ふくし交流プラザ 80名
九州 令和5年9月2日(土) 南近代ビル 150名
近畿 令和5年9月9日(土) 大阪私学会館 125名
北海道 令和5年10月8日(日) 北翔大学円山キャンパス 100名
関東・甲信越 令和5年10月14日(土) 連合会館 135名
近畿 令和5年10月15日(日) 神戸国際会議場 160名
東北 令和5年11月5日(日) 山形国際交流プラザ
(山形ビッグウイング)
120名
中国 令和5年11月12日(日) 岡山国際交流センター 100名
東海・北陸 令和5年11月19日(日) 新潟日報社 メディアシップ 日報ホール 100名
東海・北陸 令和5年11月26日(日) 富山大学 五福キャンパス 97名
近畿 令和5年12月2日(土) 四日市商工会議所 120名
九州 令和5年12月9日(土) KITENビルコンベンションホール 90名
沖縄 令和6年2月11日(日) 沖縄県体協スポーツ会館 96名
近畿 令和6年3月3日(日) 大阪私学会館 170名
中国 令和6年3月17日(日) 広島文化学園大学 坂キャンパス 100名
関東・甲信越 令和6年3月23日(土) 連合会館 135名

更新必修講座とは?

※令和5年度eラーニング方式については、令和6年5月31日までに有効期限を迎える健康運動指導士を対象としてしています。

更新必修講座の受講方法

Q1: 更新必修講座を受講した場合の単位数は、登録更新に必要な20単位の中に含めることができますか?
A1: 更新必修講座を受講し、取得された単位は20単位以上の中に含めることができます。
残り15単位以上を専門講座にて受講してください。
Q2: 会場へ赴く講習会方式とeラーニング方式について内容や、受講料、時間数、単位数に違いがありますか?
A2: 違いはありません。いずれかを受講してください。
Q3: 更新必修講座はどのように申し込みをしたらよいのでしょうか?
A3:
eラーニング方式:
当財団ホームページよりお申込みいただけます。
講習会方式: 開催日の約2か月前よりNPO法人日本健康運動指導士会にて受付を開始します。
日程等の詳細は、NPO法人日本健康運動指導士会のホームページをご確認ください。