公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

  • サイトマップ

百寿者調査結果報告日本の百寿者のくらし

百寿者の同居者と世話をする人について

男女とも100歳以上高齢者の多くが、「子供」や「子供の配偶者」と同居していた(子供と同居:男性66.3%、女性53.4%、子供の配偶者と同居:男性50.0%、女性33.8%)。「本人の配偶者」と同居しているのは男性では10.8%であるのに対し、女性では0.8%と少なかった。さらに、「施設入居者」は男性では14.1%、一方、女性では33.3%で、男性の倍以上の女性が施設で暮らしていることが分った。

百寿者の同居者と世話をする人について

百寿者の世話をする人は、男性の場合、「子供の配偶者」(44.9%)が最も多く、次いで「子供」(36.2%)であった。一方、女性の場合、「施設職員」(33.8%)が最も多く、次いで「子供の配偶者」(30.8%)、「子供」(29.2%)の順であった。